平成25年1月

熊高バレー部同窓会会員 各位

熊本高校バレー部同窓会

 会 長  柳辺 桂一

バレー部同窓会総会および第4回済々黌・熊高交流戦を終えて

 

同窓会会員の皆様、明けましておめでとうございます。

さて、今年は済々黌の黌士館をお借りして、第21回のバレー部同窓会総会を例年どおりの1月3日に開きました。。

 男女現役も含め、顧問の先生方にも出席を頂き、後輩たちへの支援と、今後の活躍の願いを込めて細やかではありましたが、助成金を今年もお渡しすることができました。

  総会後、済々黌体育館で第4回済々黌・熊高交流戦が行なわれ、男女5クラスの対戦で当校の2勝3敗で今年も優勝カップを相手校に預ける結果となり、誠に残念の一言であります。当校の2勝はOGとOB(41歳以上)の大活躍で、来年こそはと期待の持てる戦いぶりでした。

  さて、新年早々ではありますがお許しを頂きまして、同窓会会員の皆様にお願いがございます。毎年11月に総会と交流戦のご案内を郵送し、出欠の有無のご返信を頂いておりますが、約400名への郵送に対し約1割程度のご返信で、その1割の内出席者が半分、年会費(一般会員2000円、学生会員1000円)が数万円の状態で、通信費、ホームページ更新費用、現役への助成金等の支払いを行ないますと、会の運営がままならないのが現状であります。

  私達役員も何とか今の運営を上手く行っていけるよう苦慮しているところではありますが、どうしたら参加者を増やし、年会費の徴収が上手くいくのか、皆様にお知恵やご提案をお願いしたいと思っています。忌憚のないご意見を切にお願いいたします。少々堅苦しい話しになりましたが、どうかご容赦下さいませ。会員皆様のご意見をホームページのメールでお聞かせ下さい。

  最後になりましたが、これからも当バレー部同窓会の相互親睦と発展を期して、役員一同奮起して参りますので、皆様方の更なるご理解とご支援をお願い申し上げる次第であります。

 


戻る